仕事・お金

転職が1年決まらない?焦りと不安は禁物、転職成功の秘訣を教えます。

投稿日:


転職が1年以上決まらないという悩みを解決します。

きっと貴方は転職が決まらないことに不安と焦りを感じているかと思います。

そして、自分に適した転職先を探すノウハウをネットの探し、転職サイトにも登録して、転職活動を頑張っていることでしょう。

しかし、時間だけが過ぎて行く、なかなか採用通知が貰えません。

「自分は駄目な人間?」と自信を失っているかもしれません。

中には、「前の会社を辞めなければ良かった。」と少し後悔している方もいることでしょう。

でも、そんな状況でも大丈夫です。

心配しないでください。

この記事を読んだ貴方にはツキが舞い込み、貴方は自分に合った仕事を必ず見つけることができます。

今回は「転職が1年以上決まらない」と焦り気味の方へ転職成就のアドバイスをいたします。

マインド編とアクション編の2つの面をご紹介します。ご参考にどうぞ。

まず、マインド編から!!

1年のブランクを乗り越える転職成功の秘訣(マインド編)

転職成功のためにはマインドが重要です。意識レベルを高く持ち、前向きな姿勢を常に持ちましょう。その姿勢が希望条件に合う仕事を引き寄せます。

3つのことを実践してみましょう。

1.ツキを呼び込む

まず、貴方がすべきことはツキを呼び込むことです。ツキを呼び、停滞運を打破しましょう。

ツキを呼び込むのは意外に簡単です。

「自分はツイている!!」と思えば良いだけです。

「ツイている!ツイている!ツイている!」と言葉にしてみましょう。

これだけツキが舞い込んで来ます。

「どこがツイているんだ?」などと余計なことを考える必要はありません。

理屈を考えている時間があるなら、ツイていると思いましょう。

2.考え方や価値観を少しだけ変えてみましょう。

次に貴方がすべきことは、マインドチェンジです。考え方や価値観を少しだけ変えてみましょう。

貴方には貴方の信念があると思います。なので、大きく変える必要はありません。自分を通すことも大切なので、少しだけ変えてみます。

貴方が今どういう状態にいるかと言うと、こんな感じです。

「転職成功」という貴方がくぐれる位の大きさの「輪」があります。貴方はその輪をくぐることに挑戦しました。

頭から入り、体の8割位が通過したところで、手に持っていた荷物が引っかかり、カッチャといて止まってしまいました。

この輪をくぐり抜けるには、その荷物を手放す必要があります。

そんな状況かと思います。

その荷物とは、必要以上の何かへの拘りです。

これは譲れないという執着心です。

もちろん、何かへの拘りは大切です。

貴方は何かに拘り、信念があったから転職に踏み切ったのでしょう。

やりたい仕事、労働環境、給料、人間関係、夢、天職などです。

それを無理に変える必要はありません。

ただ、何か1つだけ変えてみましょう。

それは、転職先を探す条件の中で、「これは譲れるかな」というものです。

あるいは、「自分はこれ」と決めて絞って転職先を探していたなら、少しだけその間口を広げてみましょう。

ちょっと視点を広げたり、見方を変えるだけで、「こんな仕事もあった!」「こんな会社もあった!」と新しい発見をするかもしれません。

転職活動に行き詰まりを感じているときは、自分でも気付かぬうちに、視野が狭くなっているものです。

マインドを少しだけ変えて、視野を広げてみましょう。

3.リフレッシュも必要です。

転職疲れしていませんか?

時にはリフレッシュも必要です。

無職だからと家の中にこもっていれば、活気を失います。

活気を失えばそれが顔に出ます。

企業の面接官はプロなので、貴方の状況を軽く見抜きます。

企業はやる気に満ち、活力溢れる人材を採用したいと考えています。

もし「ちょっと疲れたー」と感じでいるなら転職疲れを取ることです。

お金をかけなくても、軽い運動をしたり、近場へ出かけてみると良いと思います。楽しいことをしてみましょう。

1年のブランクを乗り越える転職成功の秘訣(アクション編)

マインド編を実践したら、次はアクション(行動)です。

貴方のポジティブな行動が良い結果を引き寄せます。

3つのポイントをご紹介します。

転職活動の幅を少しだけ広げてみましょう。

転職活動の幅を少しだけ広げてみましょう。

転職活動の手法として、大きく分けて8つあります。

1、転職サイト

2、スカウトサービス

3、人材紹介会社

4、直接の応募(企業の公式サイト・SNS・新聞・店頭など)

5、ハローワーク

6、職業訓練校の紹介

7、縁故採用

8、紹介予定派遣

もし、まだ挑戦していない分野があれば、どれか1つトライしてみると良いかと思います。

1、転職サイト

情報量が多く、転職活動の王道です。誰でも手軽に情報にアクセスできるのがメリットです。

2、スカウトサービス

自分の経歴を登録しておきます。興味を持った企業やエージェントが貴方へアプローチしてきます。

3、人材紹介会社

転職エージェントのことです。登録すると担当のキャリアコンサルタントがついて、貴方の転職活動をサポートしてくれます。

4、直接の応募

企業の公式サイトの採用ページ、SNS、新聞、店頭から情報を得て応募する方法もあります。転職サイトやハローワークにない穴場的情報があったりもします。

5、ハローワーク

公的機関の1つです。欠かせない情報源の1つです。豆に足を運びましょう。

6、職業訓練校の紹介

特定の技術習得し、新しい道を開いていけます。

7、縁故採用

知り合いの知り合いに期待してみると良いかもしれません。使えるものは全て使いましょう。

8、紹介予定派遣

派遣期間(最長6ヶ月)終了後、本人と派遣先企業双方合意のもとに社員になる働き方です。

停滞している仕事運を動かで!新しい転職サイトに登録してみましょう!

転職活動の主流は転職サイトです。

おそらく貴方も1つ以上の転職サイトに登録していると思います。

であれば、気分転換を兼ねて、もう1つ登録サイトを増やしてみましょう。

その理由を説明します。

希望条件にもよりますが、平均的な転職活動の期間は、3カ月から半年程度と言われています。

なので、その数字から見れば、1年以上転職活動を長めなのかもしれません。

しかし、焦らないでください。最終的に自分の希望に合う仕事を見つければ、貴方の勝ちです。

その勝利を手にするための1つ実践したいアクションがあります。

それは「漁場を広げる」ということです。

魚釣りをイメージしてください。

魚の少ない池で釣りをしていれば、その成果は期待できません。

魚のいる漁場へ行けば、かなり状況が変わります。転職活動で言えば、活動の窓口を増やすことです。

新たな転職サイトに1つ登録してみなしょう。もしかしたら、仕事が見つかるきっかけになるかもしれません。

それに転職活動の流れを変える目的もあります。

物事には流れというものがあります。流れが止まり停滞していると、良い運気も流れてきません。

今、止まっている流れを動かすことです。それが重要です。

お金の問題を解決する

1年以上、転職先が見つからなければ、経済的にも大変でしょう。失業保険の受給も終了している方が殆どで、生活も大変でしょう。

また家にいれば家族や近所からの視線も厳しくなります。精神的なダメージが大きくなります。

そんな時は、思い切って働いてみることです。負担の小さいアルバイトがオススメです。

近所で簡単なアルバイトがあれば、働いてみましょう。日雇いでもokです。

働くことで生活費が入って来ますので、少しの間を凌ぐことができます。

これは私の経験ですが、失業中に、失業保険の受給が終了してしまいました。

仕方なく近所で警部員のアルバイトをしました。日給8000円でした。

このお金が生活のサポートになりました。そして、なんとアルバイト中に知り合った方が、新しい仕事先を紹介してくれました。そんなこともありました。

まとめ

貴方は大丈夫です。これからツキが舞い込んで来ます。前向きな姿勢で転職活動を継続することです。

自分の長所を認めて、生き生きと転職活動していれば、それを認めてくれる企業が必ず現れます。

人生山あり谷ありです。谷の後には山が来ます。停滞はいつまでも続きません。必ず光が差して来ます。

-仕事・お金
-

Copyright© 半端ないって! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.