仕事・お金

出戻り転職、志望動機の書き方と例文【男性編】成功or失敗の境は?

投稿日:

出戻り転職 志望動機の書き方のポイント【男性編】

出戻り転職する時の志望動機の書き方のポイントは、「外から見た時の会社の魅力」というものを強調していきましょう。

会社を離れて違った視線で見てみたら、改めて会社の魅力に気付いた点を書くことをおススメします。

出戻り転職の時の志望動機の書き方のポイントとしては、「私はこの会社のことを分かっています。」というアピールは控えめにしておくことが大切です。

分かっているをアピールをしてしまうと、知らないうちに「何を言っているんだ、辞めたくせに~」とヘイトを集めることになってしまいますので、転職に成功しても、その後が辛くなってしまいます。

とわいっても、現在は人手不足ですから、即戦力となる人材は喉から手が出るほど会社は欲しがっています。ですので、出戻り転職であっても転職しやすい雰囲気は一応作ってくれるでしょう。

ただし、それはあくまでも転職する前の話です。再び会社に戻った後のことも考えて、腰を低くして行動した方がいいでしょう。そして当然のことながら、現在仕事をしている会社の悪口は言わない方がいいです。

人間関係が嫌になったのでとか、社風に疑問を持ったとか、就業時間が早すぎて、などというような後ろ向きの理由はNGです。

また、志望動機だけの話ではなくて、転職が成功してからのお酒の席でも、前の会社の愚痴は言わない方が良いでしょう。

出戻り転職 志望動機の書き方の例文【男性編】

出戻り転職する場合、「私はこの会社のことは分かってから即戦力になります」とアピールするのはNGです。

それだと「何でこの会社を辞めてしまったんだよ。」という話になってしまいます。

ですから、私は間違っていましたということを伝えてから、「今の会社でこのような経験を積んだので、それを貴社のために生かすことができます。」ということを強調するような志望動機を書いていきましょう。

志望動機の書き方の例文としては以下のような感じです。

貴社から離れてみて改めてわかったことです。「●●のサービスは本当に素晴らしい」と外から見てようやく気づきました。

貴社にいた時はそれがあまりにも当たり前すぎて、気づかなかったことが私の過ちでした。

一方、会社を離れてみてわかることもありました。「●●のサービスをまだ知らない人のためにどのような説明が必要なのか」ということを整理することができました。

貴社退職後、●●に取り組んでいますので、この経験は必ず貴社の発展に役立つものと考えております。

ですので、恥ずかしながら、再び貴社で働きたいと思い願書を提出させていただきます。

※●●は、貴方の場合の適したものを入れてください。

というような志望動機の書き方はいかがでしょうか?

一度退職を選択したこと謝りつつも、「今の会社での経験を生かすことができるので損はさせませんよ。」ということを暗に言っているわけです。

出戻り転職の成功例は?(男性の場合)

前いた会社に再就職するため、男性がスムーズに出戻り転職を成功させるためには、「どのように理由で会社を辞め、円満退職をすることができたのか」ということが重要になります。

会社としては現在は人手不足ですから、会社のことが分かっている人材は貴重な存在です。採用をしたいと考える場合も多いでしょう。

しかし、出戻り転職を良く思わない方も社内にはいるはずです。

そのような人たちに対して「恥ずかしながら、戻って参りました。」という感じで、腰を低くしながらも、明るい感じで接することができたら、出戻り転職は成功する可能性が高いです。

出戻り転職をするわけですから、色々な噂が出てくるのは避けられません。転職に失敗したから戻ってきたのかとか、ずいぶん身軽な人なんだとか、また、転職するではないか、という風に色々と言われるでしょう。

ですから、そのような憶測を吹き飛ばすような、明るい感じで出戻り転職の挨拶を成功すること大切です。同僚たちも「またお前と仕事ができて嬉しいよ」というような気分になってくれるでしょう。

出戻り転職の失敗例は?(男性の場合)

出戻りする予定の会社を退職する時に、身勝手な行動を取っていたとしたら、出戻り転職ができたとしても、人間関係がうまくいかず、結局会社にいずらくなり、転職は失敗してしまうでしょう。

円満に戻ってこられたとしても、所属していた部署に配属されるとは限りません。ですから「今まで全然やってこなかったことなんですけど、これをしなくちゃいけないんですか?」というようなことが起きるかもしれません。

ですが、その時に「これは会社が自分に成長してもらいたいという理由で任せているんだ。」というふうにプラス思考に切り替えることです。モチベーションを高めて、仕事に取り組むことです。

逆に、「せっかく勉強してスキルを高めたのに、今までと全然違う仕事をしなくちゃいけないなんて、会社は自分を笑いものにするために出戻り転職させたのか?」などと疑心暗鬼にならないことです。

ネガティブな想念を起こせば、不思議なもので、周りの人達にもそのマイナスのエネルギーが伝染します。あなたから距離を取る人も現れて、だんだんと社内で孤立してしまいます。

ですから、出戻り転職する時は自分のマインドにも気をつけて、何が起きてもモチベーションを高めるようにすることです。そうすることで失敗する確率は低くなると思います。

-仕事・お金
-

Copyright© 半端ないって! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.