仕事・お金

TOEIC勉強法、確実に600点を越えてみる!高得点を取る秘訣は?

更新日:


TOEIC600点の壁を破れない方必見です。効率良く勉強をして高得点を取得する秘訣を紹介しています。

単語、文法、リスニング、リーディングもここを抑えれば、スムーズに勉強ができます。時間には限りがあります。空き時間を上手に利用してTOEIC600点の壁を越えましょう。

◎関連記事

>>TOEICの勉強法、かる~く500点を越えてみる!誰でもできる英語克服法!

>>TOEIC勉強法、確実に700点を越える!上級者の仲間入りを果たす!!

TOEIC600点を取るためにおすすめの参考書と勉強法【単語編】

TOEICの平均点は600点弱です。ということは、600点を取るには平均よりちょっと上の英語力を身につける必要があります。

そのためにはまず、英単語の知識を増やすことをおすすめします。単語の知識があってはじめて、リスニングもリーディングも解けるようになるからです。

600点を目指す段階では、むずかしい単語を覚える必要はありません。まずはTOEICによく出る単語だけをしっかり覚えていきましょう。

おすすめの参考書は『TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEICTEST特急シリーズ)』です。

TOEICの頻出単語だけを効率よく学んでいける優れたテキストです。コンパクトな新書サイズなため使いやすい点もポイント。単語の参考書はなんども開くことになりますから、使いやすいことも大事なのです。

このテキストには、600点レベルとして400語が収録されています。まずはこれを完璧に覚えましょう。

といってもTOEICはマークシート形式のテストですから、スペルを書けるようになる必要はありません。読むことと聞きとることができれば大丈夫です。

毎日10単語ずつ覚えて、40日で1周するペースがおすすめです。一度にたくさんの単語を覚えようとするよりも、10単語ずつのペースでこつこつ続けたほうが長期記憶に定着しやすいからです。

また、参考書は一度で終わりにせず、2回ぐらい繰り返すことが記憶の定着に重要です。すでに覚えた単語ばかりですから、繰り返しの学習には思ったほどのストレスはありませんよ。

TOEIC600点を取るためにおすすめの参考書と勉強法【文法編】

TOEICで600点を超えるためには、どのような文法学習をすればいいのでしょう?ここではその疑問にお答えして、おすすめの参考書と勉強法を紹介します。

TOEICの平均点は600点弱です。600点を取るためには、平均レベルより少し上の英語力が必要ということになります。

そのレベルに行くためには、英文法の基礎力が欠かせません。文法はパート5の文法問題を解くために必要とされるだけでなく、パート6やパート7の長文読解にも必須の知識です。さらにリスニングも、文法の知識があやふやでは聞き取ることができません。

そこでおすすめしたい参考書が『TOEIC(R)テスト 中学英文法で600点!中学英語の「おさらい」でスコアはここまで上がる!』です。

中学英語をストレスなく復習できるテキストです。中学英語と聞くとレベルが低いと感じるかもしれませんが、実は中学3年間の英語をマスターするだけで相当なところまで行けます。

TOEIC600点でしたら中学英語の文法知識だけで達成できますし、それ以上の点数を狙う場合でも、基礎として中学英語のマスターは欠かせません。

まずはこの参考書で英文法の基礎をしっかり固めることをおすすめします。

それが終わったら、TOEIC公式問題集のパート5などを解いて実戦形式に慣れていきましょう。基礎が固まった状態であれば、あとは数をこなすだけでぐんぐん実力が伸びていきます。

TOEIC600点を取るためにおすすめの参考書と勉強法【リスニング編】

TOEIC600点は平均点を少し上回るスコアです。このレベルに到達するためには、どのようなリスニング勉強法が効果的なのでしょうか?そんな疑問にお答えして、おすすめの参考書と勉強法を紹介します。

リスニング上達のカギは、TOEICリスニングの形式に慣れることと、量をこなすことの2つです。

TOEICは話し手にかなり特徴があります。アメリカ英語だけでなく、イギリス英語やオーストラリア英語も登場するからです。これに意識的に対処しなくてはいけません。

そのためにおすすめの参考書は、やはりTOEICの公式問題集です。

なぜこのテキストがおすすめかというと、話し手が本番と同じだからです。公式問題集のリスニングパートを繰り返し学習して、話し手の声やイントネーションに慣れるようにしてください。

公式問題集を繰り返し解いてTOEICリスニングの形式に慣れたら、次は量をこなすことに集中します。

リスニング上達には小手先のテクニックだけではどうにもならない部分があり、結局は大量の英文を聞くことがもっとも効果的な勉強法なのです。

おすすめの参考書は『TOEIC L&R TEST 初心者特急』シリーズです。これのリスニングパートを買って学習しましょう。

難しい参考書を解くよりも、これを何度も繰り返して量をこなしたほうが効果的です。基礎を固めた上で量をこなせば、600点を超えることは難しくありません。

TOEIC600点を取るためにおすすめの参考書と勉強法【リーディング編】

TOEICで600点を取るためにはどのようなリーディング勉強法が効果的なのでしょうか?ここではそんな疑問にお答えして、おすすめの参考書とテキストについて解説します。

TOEICのリーディングで重要なのは、時間配分を意識しつつ自分が解ける問題を確実に解いていくことです。

TOEICのリーディングパートは文章量がとてつもなく多く、よほど高得点を取る受験者でなくては最後まで終わりません。

ですから600点を目指す場合には、自分が解けないような難しい問題をスルーして、解ける問題だけに集中できるかどうかが肝心なのです。

おすすめの参考書はまずTOEICの公式問題集。

公式問題集を解いて、各パートにどのくらい時間がかかるのかを把握してください。次に75分の制限時間から逆算して、各パートに配分する時間を決めるのです。

この配分時間をつねに意識しながら問題を解くのが、TOEICリーディングの効果的な勉強法です。

次におすすめの参考書が『新TOEIC TEST 初心者特急 読解編』です。

このテキストを繰り返し学習して、英文読解のスピードを上げていきましょう。時間配分内になるべくたくさんの英文を読めるようになることが目的です。

時間配分を意識しつつ、英文読解のスピードを上げる練習をしていけば、確実に600点の壁はクリアできるはずです。

-仕事・お金
-

Copyright© 半端ないって! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.