仕事・お金

りそな銀行「住宅ローン一部繰上返済」の体験談【早期完済の秘訣】

投稿日:


りそな銀行の住宅ローンの一部繰上返済申込の機能は便利ですね~!!

スマホからりそな銀行の「マイゲート」へログインし、「住宅ローン・その他のローン」から「一部繰り上げ返済」が手軽に申し込めます。

手順としては、返済希望の2営業日前までの18時までにネットから申し込みをします。

まず、以下の情報を入力して返済のシュミレーションをします。

【入力項目】

1.返済希望額

2.返済希望日

3.期間短縮型 or 期間据置型

※返済希望額は1万円以上9999万円以下

※入力は1万円単位です。

※ボーナス返済の利用あり、利用なし

※仮申込は1度の申込で4パターンまでの照会が可能

仮申込をすると、翌営業日にシュミレーションの結果が出来ます。

私の場合、「金額」や「期間短縮型 or 「期間据置型」を変えて4つのパターンを申請し、その中から希望の返済パターンを選んでいます。

そして、返済希望日の前営業日の18時までに「本申込」をすればOKです。

簡単~(^^♪

17年前に小さな一戸建ての住宅を購入しました。

17年前に小さな一戸建ての住宅を購入しました。

その際に、りそな銀行で住宅ローンを組みました。

35年ローンを組み、変動金利でお金を借りました。

それから17年が経ち、約半分借金を返済しました。

住宅ローンを借りた時は2人の子供が小学生でしたが、2人とも社会人となり、教育資金もかからなくなり、少しだけ家計に余裕が生まれました。

「そうだ!!住宅ローンを返そう!!」と思いました。

銀行から大きな金額を借りているのは人生のプレッシャーです。

そのプレッシャーを少しでも軽減しようと考えました。

りそな銀行へ電話して「一部繰上返済の申込をしたい」と伝えました。

すると、「マイゲートを使用すれば、手軽に申請ができます。」とのお答えを貰いました。

実際にやってみると、本当に簡単でした。

そして、色々なパターンを考えて選ぶことができますし、返済の手数料も取られません。

返済パターンを考えていると、なんだか楽しくなることもあります。

借金が減って行くのをイメージすると楽しいですよ。

そして、一部繰り上げ返済が実行されて、住宅ローンの残高を見ると、金額が減った分だけプレッシャーも減ります。

癒しの瞬間です。

住宅ローンの返済には面倒な手続きが必要?

私は住宅ローンの返済には面倒な手続きが必要という認識を持っていました。

しかし、インターネットを利用すれば手軽ですね。

銀行まで足を運ぶ必要もないので、仕事の休憩時間や帰宅後でも申し込みが可能です。

また、小さい金額でも返済ができるので、臨時収入などがあった時に返済することもしています。

もし、銀行の窓口で申し込みをすることを考えると「小さい金額では恥ずかしい…」という思いもありました。

それがないのが嬉しいです。

少しずつでも返済していると徐々にローンの残高が減っていきます。

ローンの残高が減れば、その分利息を支払わなくて済むので、かなりメリットがあります。

住宅を購入するのには大きな金額が必要なので、通算すると多額の利息を支払うことになります。

ちなみに私の現在の金利は0.975%です。

金利を返す負担が減るのは、繰り上げ返済の大きなメリットです。

なので、インターネットの住宅ローンの「一部繰上返済申込」を使って、予定よりも早く返済をすることを心掛けています。

手軽に返済シュミレーションと申し込みができるので、本当に助かっています。

住宅ローン地獄に陥らない秘訣

住宅ローン地獄に陥らないためには、私は【お金に対する意識】が重要だと思います。

節約し、日頃の支出を減らし貯金をし、少しまとまったお金になったら、住宅ローンの返済にあてることです。

実は私はインターネットで手軽に住宅ローンの返済ができることを知りませんでした。

500万円、1000万円とかある程度まとまったお金が出来た時に、銀行の窓口で手続きするものだと思っていました。

しかし、仮に500万円の繰り上げ返済をしようと思っても、私のような一般ピープルが500万円の貯金を作るのは大変でした。

超~頑張って50万円を貯めても、何かと出費も発生して、減っていってしまいます。

そんな時、「50万円だけ返そう!!」と実行できていれば、もっと早く住宅ローンを返済できていたと思います。

住宅ローンの利息が家計にかける負荷は大きいものです。

これは私の体験ですが、少しのお金でも返却に回すことが住宅ローン地獄に陥らない秘訣だと思います。

そして、少しずつでも予定の返済計画よりも残高が減って行くと、不思議と返済へのモチベーションが高まります。

これが大きいですね(^^♪

モチベーションが高まると「節約しよう」という意識も高まり、今まで使っていたお金を貯蓄へまわせます。

その相乗効果で住宅ローンの残高は順調に減って行きます。

住宅ローンの借り換えはどうよ?

最後に、金利の安い銀行を探して、住宅ローンの借り換えを考えることも必要だと思います。

場合によっては、住宅ローンの返済額を減らすことができます。

しかし、私の場合はインターネットシュミレーションをしてみましたが、あまり変わりませんでした。

また、借り換えをするとすると、揃える書類や審査が必要だし、とにかく面倒なので、りそな銀行のままで行くことにしました。

まとめ、

住宅ローンを予定よりも早く完済したいなら、とにかく節約をし貯金をすることです。

そして、少しでもまとまったお金が貯まったら、すばやく返済にあてることです。

お金というのは、節約や貯金の意識をしないと、収入=出費となる性質があると思います。

つまり、羽が生えやすいということです。

「いつの間にかに使っていた…」なんてことになりかねません。

節約

貯金

住宅ローンの一部繰上返済

この流れを作ることが、住宅ローン早期完済に秘訣だと思います。

※私は他銀行の情報を持っていません。他銀行と比較して、りそな銀行の住宅ローンの一部繰り上げ返済のメリットを語っているわけではないので、あしからず。

-仕事・お金

Copyright© 半端ないって! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.