テレビ番組

大河ドラマ「麒麟がくる」第19話の感想。明智光秀の信念が見えた。

投稿日:


2020.5.24放送、大河ドラマ「麒麟がくる」、第19話「信長を暗殺せよ」の感想です。

大河ドラマを見るのは、このシリーズがはじめてなのですが、すっかりと大河ドラマファンになりました。

麒麟がくるは、明智光秀の生涯を描いています。

明智光秀というと主君織田信長を討った裏切り者というイメージがありますが、完全に変わりました。

本能寺の変は、戦のない世の中にするために、暴走をする織田信長を討ったのだと思います。

麒麟がくるのストーリーの展開では、その辺りがどうなるのでしょうか?

毎回、そのことが頭の片隅になります。

「明智光秀の人生がどうながれて、本能寺の変へ繋がっていくのか?」

そこを想像してドラマを見ていると、凄く興奮しますね。

もしかして、歴史がひっくり返るかもしれません。

目先の地位に左右されないのが明智光秀だ!!

麒麟がくるの第19話では、明智光秀が朝倉義景に呼び出され、将軍義輝が戻った京の様子を探りに行くように命じられます。

京では、尾張を手中に収めようとする斎藤義龍(斎藤高政)の一派が、上洛してくる信長の命を狙っているという噂を耳にします。

光秀は松永久秀の力を借りてそれを未然に阻止します。智将の片鱗を見せます。

そして、光秀は再会を果たしたかつての友(斎藤義龍)に呼ばれます。

斎藤義龍は、光秀に、「再び自分と手を組み美濃を大きく豊かな国にしよう」と持ち掛けます。

しかし、光秀は「お前に仕える気はない」ときっぱりと断ります。

私は、このセリフに明智光秀の信念を見ました。

光秀は、自分の損得勘定で物事を決めていないということです。

斎藤義龍と手を組めば、要人の地位を手にできたことでしょう。

しかし、目の前の地位よりも、自分が本当にしたいこと、すべきことをしっかりと分かっていたのです。

斎藤道三に「でっかい国を作れ」と言われ、その言葉が心に残っていて、その実現へ向けての道を選びます。

ここが凄いですね。

現代で言えば、総理大臣に呼ばれて「私に賛同すれば、貴方を官房長官にします」と言われているのと同じです。

しかし、自分の志でないものを、きっぱりと断る光秀は、さすがとしかいえません。

ここが他の戦国武将との違いだと感じました。

きっと、本能寺の変も、そういう意味で起こしたのだと思います。

自らが天下を取りたいという思いではなく、世のため、でっかい国を作るために起こしたのだと思います。

もし、本能寺の変がなかったら…

私は、明智光秀はでっかい国を作ったと思います。

「もし、本能寺の変がなかったら…」とイメージしてみました。

権力で押さえつけて、天下統一をしようとすれば、争いごとが絶えません。戦が必須になり、流さなくても良い血が流れます。

そういった時代の流れを変えたのが本能寺の変だと思います。

本能寺の変があったことで、その後の時代の流れが変わったと思います。

徳川家の江戸時代は長く続きましたが、そこへ流れが行ったのも、本能寺の変があったからではないですかね。

そう考えれば、明知光秀はでっかい国を作ったことに違いがありません。

麒麟がくる第20話からは、ドラマの場面が、駿河の今川義元との戦に移っていくようです。

光秀は、どう動いていくのでしょうか?

きっと、戦がない、知恵を使いながら、でっかい国を作っていくのでしょう。

ドラマの展開を楽しみにしています(^^♪

-テレビ番組
-, , ,

Copyright© 半端ないって! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.