アスリート

西藤俊哉(フェンシング)、2020年東京オリンピック注目の選手

投稿日:

今回注目するアスリートは、

フェンシング西藤俊哉選手です。

種目は男子フルーレです。

2017年世界選手権2位の実績があります。

5歳の時にお父さんの影響ででフェンシングを始めます。

小学3年生の時に京都で全国大会が行われ、イベントの一環で対戦した太田雄貴氏(日本初のフェンシング金メダリスト元選手)が本気で戦ってくれたことをきっかけに、オリンピックを目指すようになります。

2020東京オリンピックでのメダル獲得を期待しています。

西藤俊哉選手のアスリートヨガの動画

この動画が凄いですね~♪

↓↓


(西藤俊哉 x ATHLETE YOGA)

「ATHLETE YOGA」の動画ですが、

西藤俊哉の生き様が伝わってきます。

動画の中で、

フェンシングは決闘だと思っているので、一試合一試合に自分の人生を賭けていくというか、自分の生き様を見せるという面では、本当に覚悟を持って取り組んでいます。

この動画を見た時に、

【意気込み】

が伝わって来ました。

本気度がケタ違いだと思います。

その波動がこちらにも伝わって来て、「私も目の前のことに、自分を賭けてチャレンジして行きたい!!」と強く思いました。

とにかく

【賭けて】

というところが良いですね。

人生の中では、

あるいは、

1日の中で、

勝負の時ってありますよ。

その時に、

どれだけ真剣になれるか?

自分を賭けてチャレンジできるのか?

それは普段の生き様によるものです。

勝負の時だけ、

「よし!やるぞ!」と自分に都合良く考えても、その結果は失敗に終わるのでしょうね?

普段からつくっている【覚悟】というものが、いざという時の勝敗を分ける気がしました。

西藤俊哉選手はフェンシングの練習にヨガを取り入れているようです。

もともとフィジカルは強い選手なので、メンタル面の強さが加わり、鬼に金棒という感じを受けました。

西藤俊哉選手のプロフィール

生年月日:1997年5月29日

性別:男

身長:178cm

体重:75kg

所属:長野ク

学歴:帝京高校→法政大学

出身地:長野県

競技:フェンシング

出場予定種目:フルーレ

主な戦績:17年世界選手権2位

西藤俊哉選手の成績

▼全日本フェンシング選手権大会

2015年 個人2位
2016年 個人3位  団体優勝
2017年 個人優勝 団体優勝
2018年 個人7位  団体優勝

▼全日本学生選手権大会
2017年 個人優勝 団体優勝
2018年 個人3位  団体優勝

フェンシングの日本代表の練習が再開されました。

オリンピックが1年延期され、その動向が気になる最近です。

開催について、簡素化や制限の話が出ていますが、なんらかのかたちで開催されることを望んでいます。

6月2日、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京)でフェンシングの日本代表の練習が再開されました。

ここから徐々にオリンピックへ向けてテンションが上がっていくことでしょう!!

-アスリート
-, ,

Copyright© 半端ないって! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.