プロ野球

読売ジャイアンツの巽大介投手のプロフィールと成績と評価【まとめ】

投稿日:

2020年注目したいプロ野球選手を紹介しています。

今回、スポットを当てるのは、

読売ジャイアンツの巽大介投手です。

名前は「たつみ だいすけ」と読みます。

背番号は

【015】

です。

春から急成長を見せている選手です。

巽大介投手は岩倉高出身で、2015年ドラフト6位で巨人入りしました。

現在は育成選手です。

150キロを超えるストレートが武器です。

ストレートの威力な抜群です。

課題は安定感ですか?

東北楽天ゴールデンイーグルスの松井裕樹投手に投球フォームが似ていると思います。

松井裕樹投手を参考にしたという、鋭く曲がる縦スライダーを習得し、直球のコントロールも安定してきました。

巽大介は、昨年、左膝を痛め手術をしています。投球が安定しない面がありましたが、春頃から調子を上げてきました。

2020年の読売巨人軍の春季キャンプの紅白戦のYouTubeを見つけました。

若林晃弘選手と小林誠司選手と対戦している動画です。

ストレートが打者の手元でかなり伸びています。

まずは、イースタンリーグで目立つ数字をあげてほしいですね!!

松井裕樹投手を参考にした鋭く曲がる縦スライダー注目!!

巽大介投手は昨年、自由契約選手となっています。

支配下選手としてプレーした育成選手が、翌年も契約する場合は一度、自由契約とする必要があるためです。

自由契約となるも、来季も育成選手として契約する方針を伝えらたそうです。

球団から「明日来るように」と連絡を受けた時、巽大介投手は「色々と考えて、終わったな」と思い、後悔が出てきたそうです。

しかし、再契約を告げられ「もう一度、チャンスをもらえたので、来年は後悔しない1年にしたい」と決意を新たにしたそうです。

個人的に思うは、こういう窮地を体験した人間は強いと思います。

開き直りが幸運を呼んだり、飛躍への転機の時期だったりするものです。

そういう意味で巽大介投手の大躍進に期待したいですね!

高いポテンシャルを持った選手なので、今年、才能が開花するのを期待しています。

巽大介選手のプロフィール

巽 大介
(たつみ だいすけ)

出身地:
鳥取県鳥取市

背番号:
015

生年月日:
1997年4月26日

ポジション:
投手

身長:
183cm

体重:
86kg

投打:
左投左打

育成選手

岩倉高-巨人(2016年~)

2015年ドラフト6位

登場曲
川井憲次「機動戦士ガンダム00 – TRANS-AM RAISER」

巽大介選手の成績

2016~2019の通算成績です。

23試合:
1勝2敗

投球回:
33(1/3)

防御率:
3.78

巽大介選手の年度別成績

巽大介投手の経歴

東京都練馬区出身です。

中学時代は岩美ボーイズでプレーします。

中学2年時までは鳥取で過ごし、石神井南中を経て岩倉高へ進学します。

岩倉高では1年生時から控え投手としてベンチ入りします。

背番号「14」で3年生春の予選全試合の先発を務め、2回戦の高島戦で6回1失点の好結果を残します。

3回戦の早大学院戦は制球に苦しみ、3回途中4四死球、4三振5失点で降板します。

3年生夏の東東京大会になって背番号「1」を背負います。

10回を1安打1失点に抑える活躍を見せます。

巨人や広島など5球団が訪れた2回戦で6回ノーヒット7K無失点の好投を見せます。

高校野球では東東京4回戦が最高成績です。

甲子園出場経験はありません。

2015年のドラフト会議で読売ジャイアンツから6位指名を受け、契約金2000万円、年俸540万円で入団します。

2017年、二軍で9試合に登板し1勝1敗、10月に球団から自由契約を通知され、11月に育成選手として再契約を結びます。

-プロ野球
-, ,

Copyright© 半端ないって! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.