お祭り・季節行事・イベント

帰省、お金ない、帰れない、義理父母の顔が〜【対策まとめ】

投稿日:

どうしよう?!帰省したいけれど、お金がない!!

義母からプルルルル~♪電話が…。

「お盆は帰省出来るの?」

返事は濁してしまったけれど、今の経済状況ではなかなか厳しそう…。え~どうしよう…。と悩むことはありますよね。

家族全員となると飛行機や新幹線を利用すると、数十万円は軽く超えてきます。

今のご時世なかなか厳しい金額ですよね。
「お金がないので、今回は厳しいです。」
と伝えたら、関係が悪化しないか不安になる気持ちはよく分かります。

今回は穏便にことが流れる解決策をご紹介していきます。

本当の理由を伝えることのメリットとは?

お金がなくて帰省できないことは決して恥ずかしいことではありません。無理をして、お金を借りたりして帰ることを本当に義理の両親は願っているでしょうか?

帰省して欲しいのは、好きだから会いたいのです。会って元気な姿や子供の成長を見て美味しいものを食べさせてあげたい。

大切に思われているからこそなのです。ですから無理をして、その後の生活が苦しくなったりして、家族の関係が悪化するぐらいなら帰省できないのも仕方ないと理解してくれるでしょう。

義父母が一番に気にすることは『面倒臭いから帰りたくないのかな』というここの不安感が大きいです。

ですから、お金がないという理由をちゃんと伝えるのは『とても会いたいけど、物理的に会えない』と伝える思いやりなのです。

しかし、お金がないと伝えたくない理由はたくさんあると思います。

・ 日頃から貯蓄ができてないと思われる

・ お金を貯められないダメな嫁だと思われる

・ お金を出し惜しみしていると思われる

・ 交通費を出すようにたかっているように思われる

など本当の理由を言いたくないことは数多く出てくると思います。

しかし、この上記は伝える時の根回しでリスクを回避する方法はあります。ですから「お金がないから帰省はできないかも知れない」とちゃんと伝えてください。

そうすることによって、義父母が一番不安の思うことは解消できるのです。

プライドや伝えたくない理由を全て捨てて、勇気を持って伝えてみましょう。会いたいれけど難しいと全面に押し出しましょう。

関係が悪化しない対策を打とう!

日頃から貯蓄ができてないと思われる

今貯蓄が出来ていない理由を伝えましょう。
若い夫婦で子供がいる家庭は不思議なことではありません。子供が落ちついてきたら、少しずつ貯めていけると伝えましょう。

お金を貯められないダメな嫁だと思われる

手取りはこれくらいで、月に使えるお金はこの程度で節制した生活をちゃんと送っていることを打ちあけましょう。

貯蓄が少し出来ていても、これは『小学校に上がるときに用意しなければならない分』と具体的に伝えましょう。

お金を出し惜しみしていると思われる

本当の理由はお金を出してまで帰省したくないのではないか?

そんな疑いを義父母にかけられない様に、ここはちゃんと否定する必要があります。そのために上記の『お金がない理由』をこと細かく説明する必要があるのです。

帰省できないと言いにくいですが、ここはちゃんと電話で伝えましょう。TV電話など顔を見て話すのは、尚良いでしょう。その後さらに詳細をメールで送り、本当のことだと理解してもらいましょう。

ここでポイントなのが代替え案を出すということです。

切り詰めて貯蓄を少しずつ始めていくので、来年の夏には行けるかも知れないと伝えることです。

『ちゃんと考えて会いたいと思ってくれている』

この感覚を持ってもらうことが大切なのです。もし少しでも貯蓄ができるのならば、この手を使ってください。

数ヶ月前から飛行機など予約しておけば、今はとても安く利用することも出来ます。計画性を持って企画するのも良いでしょう。

交通費を出すようにたかっているように思われる

お金がないといえば「交通費を出す」と言われるのを待っている様に、少し感じてしまうのが悲しいかな人間です。

これを阻止するためにも、・・・は全てちゃんと伝えていきましょう。

それを伝えた上で、義父母が交通費を出すと言ってくれたらその言葉に甘えてしまいましょう。

しかし、義父母の負担はかなり大きいものとなってしまいます。交通費を出さない分、お金がかからないことに注目していきましょう。

・ 行く前によろしくお願いいたします。と一言葉書で郵送する

・ お世話になった後、お礼状を送る

・ 家事などは率先して動く

・ 感謝の気持ちや会えて嬉しい気持ちを表現する

などお金の代わりになることは多くあります。そうすれば、無理してでも交通費を出してあえて良かったと思ってもらえるでしょう。

きっと顔を見せてあげれば喜ばれます!

お金が全くない状況では、それは無理な話ですが工夫をすれば行ける方法もあるかも知れません。

正規の値段で購入すると、交通費はとても高くなりますが今は早割やチケットショップでも安く購入できます。

飛行機もLCCを使えば、安いときだと半額程度で行けることもあります。どうにか工夫して行ける方法がないかを考えることに意義があるので、一度検討し直してみるのもいいでしょう。

-お祭り・季節行事・イベント

Copyright© 半端ないって! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.