スピリチュアル・精神世界

夫がエネルギーバンパイアだった場合の対処法

投稿日:

エネルギーバンパイアは劣等感が強い

生命力が低い、劣等感が強くて自分がない、愛されたくて仕方がないが、愛する方法を知らない人たちのことです。

愛されたいのに相手に嫌がらせをしたり、不快にしようとあの手この手を使ってきます。彼らにとって幸せとは「不幸になること」です。

しかし、不幸な境遇に甘んじているといつまでも満たされません。満たされないとエネルギーである生命力、活力が減っていきます。

彼らは自分でエネルギーを作れないため、幸せな人を不幸にしてエネルギーを奪います。そのため、彼らは生命力を吸う吸血鬼と称されているのです。

エネルギーバンパイアの特徴

エネルギーバンパイアの特徴は、ネガティブであることです。不平不満、愚痴や批評が大好きで、他人にたいする攻撃精神にあふれています。

さりげなく人を不愉快にする行為に出ることもあれば、あからさまに人格を否定してきます。

一見すればポジティブなバンパイアもいます。ポジティブなバンパイアは悪口や不満はあまり言いません。しかし、慣れ親しんでくれば利己的な本性が露わになってくるのです。

虚言癖のあるバンパイアは、自分を悲劇のヒロインにして、気に入らない人間を悪者に仕立て上げます。劣等感が強いバンパイアは、自慢話ばかりしてブランドものや高価なものにお金を惜しみません。

自信過剰なバンパイアは、いつも誰かに怒鳴り散らしたり、不機嫌な態度で相手をコントロールしたがります。

どのようなバンパイアのタイプであっても前兆があります。相手いると疲れたり、頭痛がする、肩こりがひどくなる、気分が優れないだと、なにかしら不調が出てくるのです。

もし、不具合があるなばら、「あの人はエネルギーバンパイアなのか?」と注意してみてください。その人といる自分の気持ちを見逃がさないようにしましょう。

ただ、エネルギーバンパイアに奪われている人は、バンパイアに執着していたり依存している場合もあります。嫌いなのに離れられないと思い込んでいるときは要注意です。

自分でおかしいかどうか判断できないときは、周囲の意見を冷静に傾聴してみてください。

エネルギーバンパイアを結婚前に見抜く

エネルギーバンパイアは結婚前であっても必ず違和感を感じさせます。

「なにかおかしい」

「一緒にいて落ち着かない」

「別れると落ち着くのはなぜだろう」

このような、精神面や肉体面での違和感に気付いていたのに放置しないようにしましょう。結婚すれば、エネルギーバンパイアの本性が存分に発揮されます。

家庭内という閉塞している密室で気が大きくなるバンパイアは多くいます。

世間体や人の目に触れないので、気心の知れた妻を苦しめるようになるのです。「結婚前はこんな人じゃなかった」ということもあるでしょう。

しかし、前兆に気付いていたのに気づかないふりをしてしまった以上、避けられない事態なのです。

結婚前に相手の本性を見たい場合は、相手を良い気分にさせてみます。少し勝ってにさせると、感情が優位になり、人は本音以上に本性を見せます。

どのような態度を取るかで、あなたへの気持ちも本性も解き明かせます。もし、あなたを傷つけるような発言や考え方がわかった場合は、結婚を見直したほうが良いかもしれません。

結婚後にエネルギーバンパイアの本性を出す夫

エネルギーバンパイアだと気づかずに、または無視して結婚した場合。恋人時代以上にエネルギーを吸われることになるでしょう。

しかし、結婚後にエネルギーバンパイアになってしまうこともあります。その場合は、妻であるあなたが夫のエネルギーを奪っていないか、省みてください。

1.批判的で優位に立ちたがるエネルギーバンパイアの夫

家族がやることにあれこれと口出しをしてきます。とにかく家族やることを批判しないと気が済まないのです。

外見や体型へのこだわりも強いので、妻のこともなにかと批評します。お腹が出てきたり、シワがふえたり、太ってきたりしようものなら執拗に攻撃してきます。

妻はこうあるべき、子供はこうするべき、という自分の価値観を押し付けます。モラルハラスメントの傾向もありますので、妻は精神面のダメージが蓄積されていき、やがて体調面で不良を起こしかねません。

2.不機嫌で陰湿なエネルギーバンパイアの夫

イライラしていることも多いタイプのエナジーバンパイアです。家族が言ったこと、したいこと、すべてに理由を付けて否定します。理不尽だと感じるような文句で家族をコントロールしようとします。

不機嫌になれば家族は自分のご機嫌うかがいをしてくれると思っているので、手におえません。家族はいつも、不機嫌な夫のためにエネルギーを使ってご機嫌取りをしなければいけなくなります。

3.承認欲求が強いエネルギーバンパイアの夫

なにかと自慢話をしてきたり、称賛を求めてきます。わざと妻を困らせるようなことをして楽しみます。

妻の方は仕事がふえてイライラしてくるのに、夫は困らせることに喜びを感じています。自分の方にかまってほしくてたまらないのです。

なにかというと褒めて欲しい、関心を示してほしがるため、大きな子供の面倒を見ることになるでしょう。かといって、子供のように叱ればへそを曲げて余計に手がかかるので、厄介な存在以外の何物でもありません。

近い人がエネルギーバンパイアだったときは、どうする?

1.エネルギーバンパイアから物理的に離れる

エネルギーバンパイアから物理的に離れるとは、別居や別離です。離婚はしなくても別居するだけで意味があります。

夫との連絡もなるべく受けないようにしましょう。家族と職場が同じなら環境を変えたほうが良いでしょう。

ただし、家庭内暴力がある場合は、その暴力が物理的精神的問わず、夜逃げする覚悟で離れてください。

2.心の距離をとる

同居していて離れられない場合は心の距離を一定以上離します。物理的な距離がどうしても取れないのなら、心理的な距離をとって自分の心を守ります。

決めた距離以上は絶対に近づかない、近づけないように注意してください。緊急のとき以外には関心を向けないようにしましょう。

3.強い拒絶反応を見せない

強い拒否反応をするとエネルギーバンパイアの夫を余計に刺激してしまいます。嫌な顔をしたり、嫌味で対抗したり、物を投げるなどの嫌がらせは極力控えましょう。

また、腫れ物にさわるような態度や、卑屈になる必要もありません。にこやかに接する、しかし心はブロックすることを第一に心掛けましょう。

4.理性的にのみ接する

エネルギーバンパイアの夫は相手を不安にさせたり、怒らせることで喜び、あなたのエネルギーを奪います。

それを防ぐには理性的に接することが一番です。

夫はあなたを感情的にさせて、良いエネルギーを奪いますから、感情的にならなければ良いのです。

前のめりになって話を聞くよりは、引き気味に笑顔で話を流しましょう。真剣に相手をするとエネルギーを必要以上に奪われますので、軽い調子で接してみてください。

5.無視をする

夫が暴力的なエネルギーバンパイアでないのなら、無視は有効です。妻であるあなたにからかいや嫌味、批判めいたことを言ってきたら無視をしましょう。

未熟な行為にかまってしまうと調子に乗ってしまいます。その行為、言動が許せないと感じるのなら、やらなくなるまで無視をすることも対策のひとつです。

6.恩着せがましい期待や自己犠牲を一切やめる

エネルギーバンパイアの夫をもつ妻も、夫からエネルギーを奪っている場合があります。「私がこれだけしてあげたのにわかってくれない!」というのは夫をコントロールしたい気持ちの表れです。

期待をかけたり、望み通りにいかないからといって、相手を思う通りに動かそうとすることを手放しましょう。「わかってくれる日がくるはずだ」と信頼して黙ってやり続けてみましょう。

お互いにエネルギーを奪い合わなくなると、自然に自分から行動しようという意欲が湧いてくるものです。

ただし、自己犠牲はエネルギーを与えているつもりで奪う行為です。必要なことを必要なぶんだけ与えるようにしましょう。

エネルギーバンパイアの夫とどう付き合っていくか

モラルハラスメントや殴る蹴るなどの暴力に及ぶ場合は、一刻も早く家から出ましょう。役所や相談所など、あらゆる機関施設に頼ってください。弱気になって及び腰にならず、自分や子供を守ることを第一に考えてください。

家庭内暴力までいかなくても、支配的な夫の過程では妻や子供が鬱屈しがちです。支配されている側は恐怖政治のような状態に慣れてしまいます。「こんなのはおかしい」と勇気を出すのか、それとも家から出ていくのかは状況次第と言えるでしょう。

エネルギーバンパイアになるには原因もありますが、対策もあります。自分や子供の人生を第一に考えながら、エネルギーバンパイアになった夫とどう付き合っていくのかを、これを機会に考えてみるのも良いかもしれません。

-スピリチュアル・精神世界
-,

Copyright© 半端ないって! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.