エンジェルナンバー

エンジェルナンバー636の恋愛メッセージ、片思いと復縁はどうなる?

投稿日:

エンジェルナンバー636の意味は?

数字636が目に止まったら、貴方の天使から以下のようなメッセージが届いています。

傷ついた貴方を癒やしましょう。貴方にはまだやるべきことがあります。痛みをやわらげ、必要なものはすべからく授けます。どうぞもう一度、立ち上がって下さい。

人間関係で傷ついた貴方を、天使たちが癒やしてくれます。貴方は支えを失ったり、価値を傷つけるようなことを言われたのかもしれません。

人間関係に疲れ、自信を失い、喪失感に襲われていてもおかしくありません。人がそこから立ち上がるのは長い時間がかかります。しかし、貴方は天から与えられた使命を志半ばで終えてしまえばきっと後悔が残るでしょう。

痛みを抱えながら、たとえ顔を伏せながらでも立ち上がりましょう。あなたに必要なものはまわりの人々に乞うのも良いことです。

物質的なもの、金銭的なもの、精神的支え、この世にはあなたを支えてくれるものがたくさんあります。

自分にはなにもない。そう卑下することはありません。ないのなら、与えてもらえばよいのです。

人に頼ることは悪いことではありません。なにも恥ずかしいことではありません。

恥ずかしいのは、意志を曲げて生きていくことにほかなりません。貴方にはやらねばならない使命があることを忘れてはいけません。

エンジェルナンバー636、恋愛で悩んでいる時の意味とは?

貴方の恋はあまり順調とは言えないかもしれません。いつ鳴り止むかもわからない嵐のどよめきを感じているかもしれません。

激しく叩かれ、怖ろしい音で泣く窓辺で、貴方は肩を抱いて震えていることでしょう。

この嵐が過ぎ去るのはいつなのか。いったい、自分はなにをしたのか。自問自答に苦しみ、自分が信じられないありさまかもしれません。

しかし、嵐はかならず止みます。いまは自分を信じて、やるべきことをやり、愛する人を待ちましょう。

物事はいつも変化しつづけるのです。恋人がいない、失恋したときにエンジェルナンバー636を見た場合、貴方は、傷ついた心を癒やしてくれる人と出会うでしょう。

それは運命的な出会いかもしれませんし、すでに近くにいてくれた人かもしれません。失うことに臆病になっていても、少しずつ親交を深めていきましょう。どんな関係であれ、創造的な関係を築けることでしょう。

浮気や不倫をしているなら、身を引きましょう。踏み込めばふみこむほど、貴方はひどく傷つきます。

その傷は、恋をしてきた期間よりもずっと長引かせます。そうして、幸せになる機会さえ逃しかねません。

自分の幸せのありかを見誤らないように注意しましょう。

エンジェルナンバー636、復縁で悩んでいる時の意味とは?

相手に特定の人がいないのなら、友人からはじめましょう。いきなり復縁を迫るのは考えものです。

貴方だけではなく、相手の心の傷まで広げかねません。そうすれば、復縁は難しくなってしまいます。

未練はときに傷となり、痛みをともないます。その傷が相手との復縁を望むほど、ひどくなるかもしれません。

それでも、相手を諦められないのなら、その気持ちに従いましょう。未練の残る相手に恋人がいたり、結婚相手がいるのなら、立ち止まって下さい。貴方の心は歯止めが効かなくなります。

復讐に囚われ、相手の幸せを壊すことにやっきになる恐れがあります。復縁を望むそのかたわらに、痛みや恨みがある場合は、復縁どころではありません。最悪、貴方の心が修復困難な状況に直面するかもしれません。

聖なる者たちは、貴方が健やかに、幸せになることを望んでいます。悪魔のささやきにそそのかされてはいけません。

気持ちが抑え切れないのなら、家族や友人に話を聞いてもらいましょう。自分の気持ちを整理することに重きを置いて下さい。

相手から復縁を望まれた場合、相手の気持ちをよく考えましょう。貴方を忘れられず、もう一度愛し合いたいと願っているのか。それとも、自分の恋がうまくいかなくて、あなたに癒やされたいだけなのか。

貴方が傷ついてしまわぬよう、正しい道を見極めてください。

エンジェルナンバー636、片思いで悩んでいる時の意味とは?

貴方は傷つことを恐れるあまり、恋に臆している状態かもしれません。新しい関係を築くために、いまの穏やかな関係を壊すことは勇気がいることです。もしほかのことは順調に進んでいるのなら、相手との関係も深めてゆくと良いでしょう。

精神的な安定は、健やかな愛情をもたらします。しかし、自分が置かれている状況が不安定なら、不用意な行動は避けて下さい。心配のあまり、思っていなかったことをしてしまい、後悔するはめになりかねません。

片想い以外の問題が片付いたら、じっくりと相手との距離を縮めていきましょう。

相手に恋人がいるのに、片想いで悩んでいる場合やあまりにも恋で傷つくのが怖いときは、そっとアプローチすると良いでしょう。

相手が好きな人との絆を深めている場合は、貴方が入る余地はないかもしれません。

しかし、良好な関係を築いておくことは、今後のためには重要です。いつなんどきも、その人の支えになるようにしてください。

そのさなか、他にも気になる人が現れたとしても、片想いを捨てる必要はありません。気になる人と親交を深めながら、想い人に告白する機会をうかがうのもいいでしょう。そして、いまどちらに恋心があるのか、自分の心に問いかける時間を設けて下さい。

-エンジェルナンバー
-

Copyright© 半端ないって! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.